ホーム > 事業部・サービス > システム開発

システム開発

お客様との対話を通して現場の問題点や課題を把握し、お客さまにとってアドバンテージとなるシステムの導入をご提案させていただきます。

お客様との対話を通して現場の問題点や課題を把握し、お客様にとってアドバンテージとなるシステムの導入をご提案させていただきます。具体的には病院検査システムの導入に際しての各種分析機器とのつなぎ込み、搬送システムとの結合、採血管システムとの連携、病院物流システムとの連携、さらに統計、集計、コストを算出したいなど各種ご要望にお応えいたします。

システム導入による自動化、リアルタイム化、省力化、合理化などのメリットにより、皆さまの円滑な業務運営のお役に立つことを目指しています。

業務内容

病院検査システム、搬送システム、病理システム、試薬在庫管理ソフト、試薬購入集計ソフト等の導入。また、検査部のコスト算出ソフト、購入品発注ソフトの開発。パッケージソフトでは対応できないオリジナルソフトの構築、データの加工などのご要望にもお応えします。
シミュレーション、システム(オリジナルソフト)の開発。
Microsoft社Excel、Accessを使用した統計、集計ソフトの作成。

システム実例

お客様の業務とシステムの最適融合によりパフォーマンス向上を可能にする各種システムをご提案させていただきます。

当社のシステム開発部門では、お客様との対話を大切にして現場の課題や問題点などをお客様と 共に考えさせていただき、共に改善策を練らせていただきます。システム導入による業務改善の一例としていくつかご紹介させていただきます。

臨床検査情報システム

病院情報システム(HIS)からの依頼受信・結果送信や検体受付、分析機器への測定、結果チェック、報告書作成など全ての検査データの管理を行います。

検体搬送システム

病院検査部門にて弊社取扱の臨床検査システム(LIS)と分析機器との間に入り、自動にて分注、再検等を行い、検体の管理を行います。

尿・血液検体搬送システム


尿搬送部 ラック自動供給 尿コップ4検体搭載

尿搬送部 搬送用ラック 10ラック自動供給

尿搬送ラインと血液検体搬送ライン合流

1階 採血室 血液検体搬送システム

血液検体搬入部 検体搬送用ラックをセットしスタートを押すと2階へ 自動搬送(通常検体と緊急検体 到着時アナウンス)

1階 天井搬送

1階 尿ラインと血液ライン 合流部

2階 検査室 到着

2階 検査室 到着(正面)

2階 検査室 尿検体・血液検体 到着

2階 検査室 画面表示
尿搬送システム
  • 採尿トイレから患者様が直接搬送システムへ尿コップをセットされると自動で2階まで搬送されます。
  • 尿量の検知機能あり。最小量 最大量 非接触センサー
  • 尿量エラーの場合、エラー箇所へ搬出し、アラームで採血室に知らせます。
  • 搬送用ラック4検体用 10ラック ストックし自動供給
  • 4検体 又は タイマー時間で搬送(設定範囲1秒〜999秒)
  • 患者様へ音声案内アナウンス
  • モニター画面:カラータッチパネル、患者様へ操作案内表示
  • 採尿トイレから検査室まで距離が離れている場合、検査時間の短縮になります。
血液搬送システム
  • 1階から2階へ自動搬送 1階→2階の搬送(ラックの返却機能なし)
  • 1階で緊急検体搬送の場合、緊急ボタンを押しスタートすると2階到着時に(緊急検体が到着しました。)音声アナウンスし、緊急検体に対応できます。
  • モニター画面:タッチパネル、搬送経路表示、エラー履歴、手動操作、エラー箇所表示、トラブル対応コメント表示
  • 音声メッセージ機能
  • 到着時:尿検体が到着しました。検体が到着しました。緊急検体が到着しました。
  • 検査室へ血液検体を迅速に送り、検査時間の短縮に貢献できます。

お問い合わせ

システム開発に関するお問い合わせはお近くの営業所までお気軽にご連絡ください。
お問い合せフォームからもお問い合わせいただけます。

本社
〒852-8116
長崎市平和町24-14
tel:095-848-5221
fax:095-848-7659
営業本部
〒851-0103
長崎市中里町1384
tel:095-839-3090
fax:095-839-5230
佐世保営業所
〒858-0923
佐世保市日野町755
tel:0956-28-4365
fax:0956-28-3962
福岡営業所
〒813-0062
福岡市東区松島4丁目10-28
tel:092-409-1184
fax:092-409-8846

コンタクトフォーム

このページの先頭へ